中村 愛 Megumi Nakamura

MIYAZAWA&Co.

中村 愛 Megumi Nakamura

12歳よりハープを始める。東京音楽大学卒業、同大学大学院科目等履修修了。第9回大阪国際音楽コンクール・ハープ部門第3位。仙台クラシックフェスティバル、東京・春・音楽祭などの音楽祭に定期的に出演、ソロ・室内楽を中心に精力的な演奏活動を展開。シューマン、フォーレ、ヴォルフ、ラフマニノフなどのロマン派歌曲、合唱曲、室内楽曲のハープ版編曲、また埋もれたハープ作品や知られざる名曲の発掘・研究をライフワークとし、各地で実演により紹介している。
CDは「風と愛」「クリスマス・ファンタジー」(ともにキングインターナショナル)など5枚をリリース。また、ピアニスト・山田磨依とのデュオ・メルコレディとしても活動し、デビューアルバム「プリモ」(キングインターナショナル)をリリース。
また、水野修孝、冬木透など現代を代表する作曲家の作品初演や、松本零士(漫画家)、小池真理子(作家)とのコラボレーション、J.モルナール秘蔵音源アルバム(キングレコード)のライナーノート執筆、2018年から2年間毎週4時間生放送のラジオ・パーソナリティーを務めるなど、活動は多岐にわたり、音楽、絵画、文学、西洋史など多角的に自身の芸術理念を広く発信している。