N響ゴールデン・クラシック

MIYAZAWA&Co.

N響ゴールデン・クラシック

毎年、完売が続くゴールデンウィーク恒例の大人気コンサート!「N響 ゴールデン・クラシック 2018」を今年も開催します。会場は新緑がまばゆい上野の東京文化会館、5月3日(木・祝)開演は14:30です。

チラシのダウンロードはこちら
指揮はラトビア出身のアンドリス・ポーガ。現在は母国ラトビア国立交響楽団の音楽監督を務める傍らパリ管、ロシア・ナショナル管、サンクトペテルブルグ響など、ヨーロッパやロシアのオーケストラから引っ張りだこの活躍です。N響とはこれまでにチャイコフスキーの第4番交響曲やラフマニノフの交響的舞曲といったロシア音楽で高い評価を得ており、今回のプログラムがチャイコフスキーの「悲愴交響曲」と「ピアノ協奏曲第1番」であれば、否が応でも期待が膨らみます。そして協奏曲のソリストが日本を代表するヴィルトーゾ・ピアノスト、清水和音という組合せも豪華です!
開演前に開催するプレコンサートも是非ご堪能ください。
N響・コンサートマスターの伊藤亮太郎と清水和音で「なつかしい土地の思い出」をお聴きいただき、本公演と併せ「オール・チャイコフスキー・プログラム」を満喫ください。