戸田 弥生 Yayoi Toda

MIYAZAWA&Co.

戸田 弥生 Yayoi Toda

1993年エリーザベト王妃国際音楽コンクール優勝以来、日本を代表するヴァイオリニストの一人として、圧倒的な集中力による情熱的な演奏で聴く者を魅了している。

4歳からヴァイオリンを始める。1985年第54回日本音楽コンクール第1位。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業し、1992年アムステルダムのスウェーリンク音楽院に留学。これまでに、江藤俊哉、ヘルマン・クレバース、シャルル・アンドレ・リナール、ドロシー・ディレイの各氏ほかに師事。

日本の数多くのオーケストラはもとより、ニューヨーク・チェンバー・オーケストラ、モスクワ・フィルハーモニー、プラハ・チェンバー・オーケストラ、ハーグ・レジデンティ管弦楽団、スウェーデン放送交響楽団、ボン・ベートーヴェン・ハレ管弦楽団、北オランダ・フィルハーモニー、セント・マーティン・アカデミー管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー、ベルガモ室内オーケストラ、ドイツ・カンマー・フィルハーモニーなどに出演し、また、小澤征爾、ユーリー・シモノフ、シュロモ・ミンツ、ジャン・ジャック・カントロフ、アレキサンダー・シュナイダー、スタニスラフ・ブーニン、ジャン・フルネ、ガリー・ベルティーニ、マルタ・アルゲリッチ、フランク・ブラレイ、アブデル・ラーマン・エル=バシャ、ジェラール・コセらとも共演している。

1993年エリーザベト王妃国際音楽コンクールに優勝して一躍注目を集め、本格的な活動を開始する。

94年、第4回出光音楽賞を受賞。96年にはニューヨークのジュリアード音楽院から“ディレイ・スカラシップ”を受け、1年間在籍。97年にニューヨーク・デビューを果たし絶賛を博す。また、オランダの作曲家トリスタン・コイリス(1946~1996)から「ヴァイオリン協奏曲第2番」(1995)を献呈され、アムステルダム・コンセルトヘボウで初演した。99年にカーネギー・リサイタル・ホールで室内楽を中心としたリサイタル「Yayoi and friends」を開催した。2009年にはアジアにも活動の場を広げ、上海で室内楽や武漢交響楽団との共演、韓国でジェジュ音楽祭に出演した。2010年は4月にオランダとスペインでのヴァイオリン・マスタークラスを、11月にピアノのヴァレリー・アファナシェフとのデュオを東京および福井で行なった。デビュー20周年を迎えた2013年には、東京、大阪、神戸、福井にて、協奏曲、デュオ、無伴奏等多くの舞台で大好評を博した。2017年国際音楽祭NIPPONでは諏訪内晶子とともにコンサート、マスタークラスに参加、18年びわ湖クラシック音楽祭では沼尻竜典とのデュオが好評を博した。19年8月にはフェリス女学院大学名誉教授宮本とも子氏とボストン他郊外の主要な教会で名器 C.B.Fisk オルガンとの共演を果たした。

CDは「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲」「20世紀 無伴奏ヴァイオリン作品集」などの無伴奏作品の他、珠玉の小品集「子供の夢」をリリースしている。最新盤はエル=バシャとの「フランク:ヴァイオリン・ソナタ、シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番」。

国内外のコンクール審査員としても招かれ、2005年にはエリーザベト王妃国際音楽コンクールのヴァイオリン部門審査員を務めた。現在フェリス女学院大学音楽学部演奏学科教授、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師。使用楽器はシャコンヌ (カノン)所有のグァルネリ・デル・ジェス(1728年製作)。

オフィシャルHP:https://yayoi-toda.com

 

Yayoi Toda studied in the music department of the Toho Gakuen High School in Tokyo and after graduating as top student from the Toho Gakuen College Music Department, she went to Europe for further studies at Amsterdam’s Sweelinck Music Academy. In 1993 she came to the attention of classical music world when she was awarded first prize at the Queen Elisabeth International Music Competition in Belgium.

Her overseas performances have included concerts with the Chamber Orchestra of New York, the London Philharmonic Orchestra, the Moscow Philharmonic, the Prague Chamber Orchestra, the Bonn Beethovenhalle Orchestra, the Hague Residentie Orchestra, the Netherlands Radio Chamber Orchestra, the Swedish Radio Symphony Orchestra, the Helsinki Philharmonic, the Singapore Symphony, the Academy of St. Martin-in-the-Fields, and the Deutsche Kammerphilharmonie Bremen to name but a few, as well as many of Japan’s major orchestras.

She has also performed to rave reviews with artists including Seiji Ozawa, Yuri Simonov, Jean Fournet, Gary Bertini, Kenichiro Kobayashi, Martha Argerich, Stanislav Bunin, Peter Eötvös, Shlomo Mintz, Jean-Jacques Kantorow, Alexander Schneider and Abdel Rahman El Bacha.

In 1996, Ms. Toda received the Delay Scholarship to study for one year at the Juilliard School and won the Young Concert Artists International Audition. A year later she made her highly acclaimed New York debut and performed the Violin Concerto No. 2 by the Dutch composer Tristan Keuris (1946-1996), of which she is the dedicatee, at the Concertgebouw in Amsterdam. In 1999 she curated a recital centering around chamber music entitled “Yayoi and Friends” at Carnegie Hall.

2009 was the year for Ms. Toda to expand her career in Asia, performing chamber music concerts and collaborating with the Wuhan Symphony Orchestra in Shanghai and participating in the Jeju Festival in South Korea. The following year, after giving master classes in the Netherlands and Spain, she toured in Japan as a duet with the pianist Valery Afanassiev. As the year 2013 was the 20th anniversary since her debut, she performed concertos as soloist, duet concerts and solo recitals in Tokyo, Osaka, Kobe and Fukui. Recently in 2017, she was invited by Akiko Suwanai’s International Music Festival NIPPON and in 2018 she gave a highly acclaimed duet performance with Ryusuke Numajiri at his Omi Spring Classical Festival of the Biwako Hall.

Ms. Toda has released recordings such as “Enesco, J.S. Bach” and “J.S. Bach: Sonatas & Partitas for Solo Violin BWV1001-1006” from the Ongaku-no-Tomo label. She also recorded albums entitled “Ysaÿe: Six Sonatas for Violin Solo”, “RÊVE D’ENFANT” with her favorite short pieces and “20th Century Solo Violin Works” on the EXTON label. Her newest release is “Franck: Violin Sonata, Schumann: Violin Sonata No.2” with the pianist El Bacha.

Ms. Toda has also been invited as a jury member of music competitions inside and outside Japan including the violin portion of the Queen Elisabeth International Music Competition 2005. She is currently a professor at the College of Music of the Ferris University and an adjunct lecturer at the Toho Gakuen College Music Department.

Official website: yayoi-toda.com