松田 理奈 Lina Matsuda

MIYAZAWA&Co.

松田 理奈 Lina Matsuda

神奈川県横浜市出身。
3歳よりスズキ・メソードにてヴァイオリンを始める。1989年、桐朋子供のための音楽教室入室。
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。2007年、同大学を首席にて卒業 。2010 年同大学院を満場一致の首席で修了、ドイツ国家演奏家資格を取得。日本とドイツでコンサート活動する傍ら、ニュルンベルク音楽大学にて教授アシスタントを勤めた。
1997年、第7回日本クラシック音楽コンクール全国大会小学生の部第1位。
1998年、第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部第1位。
1999年、初ソロリサイタル開催。
2001年、第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位(同コンクール史最年少優勝)
2002年、トッパンホールデビューコンサートシリーズにて「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。 2007年、サラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。
これまでにNHK交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団等、国内の主要オーケストラと数多く共演するほか、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、ヤナーチェク・フィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など海外のオーケストラや著名な指揮者とも共演。

2003年秋吉台音楽アカデミー賞
2011年第12回ホテルオークラ音楽賞
2013年第23回新日鉄住金音楽賞受賞

2004~2008年、ロームミュージックファンデーション奨学生。
これまでに、小林庸男、田中みちる、田中裕、村上直子、小栗まち絵、堀正文、元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターのダニエル・ゲーデの各氏に師事する。

2006年11月にビクターエンタテインメント㈱よりデビューアルバム『Dolce Lina~モーツァルト2つのヴァイオリン・ソナタ他』をリリース。2008年9月、ピアノ界の巨匠パーヴェル・ギリロフとベルリンにて録音したセカンドアルバム『CARMEN』をリリース。2008年、ドイツ・バイエルン放送にてクライスラーのバイオリン協奏曲を収録、放送された。2010年7月、紀尾井ホールにてピアニスト清水和音氏とのリサイタルをライブ収録した『Ravel/Live』をリリース。11月にはイザイの無伴奏バイオリンソナタを全曲収録した『YSAŸE』をリリースし「レコード芸術」誌上にて特選盤に選ばれた。2018年5月ブラームスとフランクのソナタをピアニスト清水和音氏と収録した 5 枚目のアルバムをリリース。

http://linamatsuda.com


Lina Matsuda (Violin)

Lina Matsuda graduated from the music high school attached to Tokyo University of Fine Arts and Music. She then completed the soloist diploma course at Toho Gakuen School of Music, and from 2006 attended Nuremberg University of Music inGermany.
She graduated first in her class both from that university in 2007 and from the same university’s graduateschool in 2010.
Lina Matsuda gave her first solo recital in 1999, and in 2001 she won 1st Prize in the Violin Division of the 10th Japan Mozart Competition, becoming that competition’s youngest-ever 1st Prize winner.
In 2002 she gave a solo recital at Toppan Hall (Tokyo) with the theme “The 16-year old interpreter of Ysaye.” In 2004, Lina took 1st Prize at the 73rd Japan Music Competition, where she also received Leucadia Prize, Washimi Prize, and Kuroyanagi Prize.
In 2007 she was awarded the Diploma Prizein the Sarasate International Competition.
She is a winner of the 12th Hotel Okura Music Award, Akiyoshidai Music Academy Award, and 2013 Nippon Steel & Sumitomo Metal Music Award.
Lina has performed with many leading conductors and orchestras, including the NHK Symphony Orchestra, Tokyo Symphony, Tokyo Metropolitan Symphony, Tokyo Philharmonic, Japan Philharmonic, New Japan Philharmonic, Kanagawa
Philharmonic, Sapporo Symphony, Osaka Philharmonic, NHK Chamber Orchestra, Hungarian National Philharmonic Orchestra, Janacek Chamber Orchestra, and Vietnam Symphony Orchestra.
In 2006, Lina released her debut album on Victor Entertainment, “Dolce Lina: Two Mozart Violin Sonatas,” and gave a highly successful six-city Japan tour with sold-out concert halls in Osaka, Tokyo, and Yokohama.In 2008 she released her second album, “Carmen,” recorded in Berlin with the renowned pianist Pavel Gililov. In 2010, she released “Ravel Live,” recorded live at
her recital with pianist Kazune Shimizu at Kioi Hall, Tokyo. In November of that year, she released an album of the complete Ysaye unaccompanied violin sonatas, which was named as a special selection of “Record Geijutsu” magazine. In 2018, She released her 5th album of the sonatas of Frank and Brahms.

http://linamatsuda.com