清水 和音 Kazune Shimizu

MIYAZAWA&Co.

清水 和音 Kazune Shimizu

完璧なまでの高い技巧と美しい弱音、豊かな音楽性を兼ね備えたピアニスト。

ジュネーブ音楽院にて、ルイ・ヒルトブラン氏に師事。1981年、弱冠20歳で、パリのロン=ティボー国際コンクール・ピアノ部門優勝、あわせてリサイタル賞を受賞した。1982年、デビュー・リサイタルを開き、高い評価を得た。1983年、第9回日本ショパン協会賞を受賞。同年「プラハの春音楽祭」にて、プラハ室内管と共演。この成功により1984年、ブラティスラヴァ音楽祭のオープニングでスロヴァキア・フィルのソリストとして招待された。また同年、ミュンヘンのヘラクレス・ザールでデビュー・リサイタルを行った。ロジェストヴェンスキー指揮ロンドン交響楽団、ジャナンドレア・ノセダ指揮キーロフ歌劇場フィルハーモニー管弦楽団、ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団、アシュケナージ指揮シドニー交響楽団などと共演を重ね、国内外で広く活躍。室内楽の分野でも活躍し、共演者から厚い信頼を得ている。
1995年秋から2年にわたって行われた、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲演奏会は、その完成度を新聞紙上で高く評価され、ライヴ録音がリリースされている。
これまでにソニーミュージックやオクタヴィア・レコードなどから多数のCDをリリースしており、各誌で絶賛されている。
2011年には、デビュー30周年を記念して、ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番~第4番とパガニーニの主題による狂詩曲の全5曲を一度に演奏するという快挙を成し遂げた。デビュー35周年を迎えた2016年5月には、バッティストーニの指揮で、ブラームスのピアノ協奏曲第1番及び第2番を熱演。同年4月からは、2ヶ月毎・年6回の室内楽シリーズ「芸劇ブランチ・コンサート」を開始するなど精力的な活動を続けている。2018年までの5年間・年2回のリサイタル・シリーズ「ピアノ主義」では幅広いレパートリーで聴衆を魅了している。

A pianist of superb musicianship
with flawless technique and beautiful sound at soft volumes

Shimizu took first prize of the Marguerite Long-Jacques Thibaud International Competition and also a recital prize in 1981.

In 1986 he performed with the London Symphony Orchestra, conducted by Gennady Rozhdestvensky, for his London debut.
From 1995 to 1997, Shimizu performed all Beethoven piano sonatas in Tokyo. These concerts were recorded and released as a complete set under the Sony Classical label. From 2004, he started to record the complete Chopin piano works, and 5CDs from Octavia Records have been released.

He has performed with many of the world’s orchestras including the London Symphony Orchestra, Chezh Philharmonic Orchestra, Sydney Symphony Orchestra and Mariinsky Orchestra, and has performed with conductors including Gennady Rozhdestvensky, Vladimir Ashkenazy, Gianandrea Noseda, Zdeněk Mácal, Michael Tilson Thomas, and Valery Gergiev.

To celebrate the 30th anniversary of his debut, Shimizu performed his beloved Rachmaninov piano concertos 1-4, and the Rhapsody on a Theme of Paganini, in a single concert in August 2011. This amazing achievement proved that he continues to be a leading pianist on the world stage.

Shimizu has begun a series of ten recitals entitled “Kazune Shimizu’s PIANISM,” which he will perform twice a year from 2014 to 2018.

Celebrating his 35th anniversary of his debut in 2016, Shimizu played Brahms Piano Concert No.1 and No.2 with the conductor Battistoni impassionately in May. From April this year, he begun a series of 6 chamber music series entitled “Geigeki Brunch Concert” a year.

コンサート情報

2015年12月12日(土)
「ベートーヴェン4大ピアノソナタ
〜月光・熱情・悲愴・ワルトシュタイン〜」
東京オペラシティコンサートホール

2016年2月28日(日)
「清水和音 ピアノリサイタル」
ベートーヴェン「月光」「熱情」
ショパン「舟歌」「バラード4番」「2つのノクターン作品62」「英雄ポロネーズ」
オリンパスホール八王子大ホール

2016年3月6日(日)
「三大ピアノ協奏曲の響演」
ベートーヴェン「皇帝」
ラフマニノフ「協奏曲第2番」
チャイコフスキー「協奏曲第1番」
サントリーホール

2016年3月12日(土)
「モーストリー・ブラームス !」
ブラームス「クラリネット・ソナタ第2番」「チェロ・ソナタ第1番」「クラリネット三重奏曲」
かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール

フォトギャラリー